スーパーシェルパと怪しい仲間達

nossi.exblog.jp
ブログトップ
2017年 05月 09日

新電元 レギュレータの型名と能力、対応車種一覧

さてさて、久しぶりの更新です。
今回はシェルパというか、バイク全般に関わるネタです。

以前、レギュレータについて興味が湧いていろいろと調べてみたものをざっくりまとめました。
バイクのレギュレータは新電元という会社の製品が圧倒的シェアを誇っています。
レギュレータの能力については、実のところ情報が少ないので気にしている人は少ないとおもうのですが・・・。
スペック不明なのも多々あります。電源周りの見直しとかにドゾー。

同じ型番(能力)のレギュレータでも、車種によってはコネクタが直づけだったり、リード線が出ているタイプだったり、コネクタが違ったり、ピンアサインが違うかもです。



・共通仕様(多分w)
絶対入力定格:200V
出力定格電圧:14.1~14.9V
能力値の条件は通風状態(1m/s)だったはず。

SH232-12:18A GL1000
SH235-12:15A SR500,RD400

SH530-12:20A KLX250SR(1993~1997),KLX250ES,KLX250(1998~2007),Z750
(SH530-12Kも同じ性能)
SH532-12:35A NS250R,NS400R,CBX250
SH532B-12:35A TRX300
SH541-12:25A VF750/1000
SH541-12C:25A GL1000
SH548-12:27A GPZ750, KDX220SR, KLR650
SH561-12:?A KL250R
SH569A-12:25A TDM850-1, XTZ750, TW200, トリッカー初期 (ヤマハ型番47X-81960-A3)
SH572-12:16A CBR250RR(MC18),GSX250R
SH572A-12:16A NSR250(MC16)
SH572C-12:16A GSX250SSM
SH572E-12:15A DR800,DRZ400E,ハヤブサ
SH572F-12:16A FXR150
SH579A-11:35A? VFR800
SH579B-11:35A CBR900, CBR600

SH629A-12:10A TDM850-2, XT225(4JG), セロー250キャブ
SH629B-11:25A シェルパ, DT125R
(台湾ヤマハのマジェ125はSH629B-11となっているが新電元のロゴなしでフィン形状が異なる。あやしい・・・ホントに新電元製なの?)
SH640D-12:20A マジェスティ250
SH640E-12:14A セロー250FI, シグナスX, YFM350
SH650-12:18A GPX600,KLX250(2008~2016)
SH650A-12:18A YZF-R1, TMAX500, ゼファー750
SH650C-11:18A FZ1
SH650D-11:35A XVS1100
SH678A-12:35A DL1000
SH678B:35A CBR1000RR(2008)

SH719AA:25A TMAX500(後期?) ,FZ6
SH775:35A CBR1000RR(2005)?

FH001:35A TDM900,YZF-R1(2002)
FH008EB:40A CBR1000RR(2008)
FH010AA:50A
FH010BA:50A
FH011AA:50A YZF-R1(2004-2006)
FH012AA:50A YZF-R1(2007)
FH012AB:50A 1400GTR
FH014AA:50A CBR1000RR(2008)

※同じ系列名でも末尾番号で性能が大きく異なるので注意。特にSH629

知人から情報を分けてもらったので追記。

Mos-FETレギュレータ
出力電圧の安定度は抜群で非常に扱いやすいようです。

FH020AA 50A GSX1000S用 スズキ品番 32800-26J00
FH022AA 35A KTM1290用 KTM品番 603 1103 4000

ちなみに旧品番で似たような性能のFH012AAもありますが、新品で1万円切ってるやつは形だけ同じの偽物のようです。

35AのFH022はGSX-S750でも採用しているようです。
スズキ品番 32800-19K01、13,200円
サイズも容量もこっちがベストなんですが、車両側コネクタが5極の特殊なやつで、
住友コネクタが入手困難との事でした。

★注意事項
同じレギュレータ型名でも車両によって配線・コネクタが大きく異なります。
同じ型名だからといって、他車種の流用は難しい可能性が高いので注意です

◆おまけ
・DT175?(輸出専用)
ジェネレータ:15A 14V/7000回転(210W)


スーパーシェルパのジェネレータですが、現状では不明ですが、おそらく90年代の
KLXと共通ではないかと考えられます。

・1994年式 KLX250SR用
14.5A/14V@6000rpm(200W)

・インジェクション型 KLX250用
17.4A/14V@5000rpm(240W)

これを少し掘り下げたのですが、同じ1994年式のKLXでも
KLX250SR:セルなし、ライト35W
KLX250ES:セル付き、ライト60W
の2モデルでレギュレータは同じですがジェネレータコイルの部品番号が異なります。
この調査結果から、シェルパの電気回路要件を考慮するとSR系ではなくES系と同じような
電力要求があるはずなので、SRより大型のはず。おそらくインジェクションのモデルに
近い能力のジェネレータが搭載されているのではないか?という事が考えられます。

いずれにせよ走行状態での発電能力は200W以上はありそうですね。


で、上に書いたSH629B-11ですが、
シェルパ用カワサキ純正(本物):
c0212385_16574560.jpg

マジェスティ125(台湾)用ヤマハ純正(偽物?):
c0212385_1658845.jpg

ここで偽物、と仮称している製品は新電元のロゴマークが無かったり、フィン形状が異なったりするので気になります。型名の印刷も斜めになっているあたり、日本製ではないと思われます。良くて台湾のライセンス生産かなぁ。
ちなみにマジェスティ用の物は圧倒的に安価ですw

まぁ、マジェスティ用のものを導入した人は、『大丈夫、壊れてない』と言ってますが、その人の運用状態とか運用期間が全く分からないし、ヤマハの純正部品として採用されているので通常の運用範囲じゃ大丈夫な気がしますが、高価だとしても基幹部品なので信頼性の高い部品を使いたいですね。

※2019-2 情報の大幅更新。アイテム数を増やしました。また、KLXの対応年式を追記。


by nossi_ck | 2017-05-09 16:48 | 整備・改造 | Comments(0)


<< 部品番号の謎      もう始まっている来年ラリーのプ... >>