2015年 06月 21日

たまには違う車種の整備

c0212385_156570.jpg

シェルパの整備がメインですが、たまには違う車種の整備など。

今日の整備はヤマハ TDM900です。

今年の1月にWR250Fが退役して入れ替わりに就役しました。
しばらく乗っていましたが、リアブレーキパッドが終わったので各部点検も兼ねてドッグ入りです。
既知の問題点としては
・フォークのダストシール経年劣化
・フロントカウル周辺のガタツキ音
・リアサス スプリングレートを標準に戻し

というところです。

今回、外装を外して分かったのは
・リアキャリアによる荷重分散用ブレースのガタツキ→リアステー固定部のフレーム締結ボルトの脱落
・フロントカウル周辺のガタツキ→ライトカウル固定部破損、一部ネジ類の脱落。右舷転倒歴があり、その際に破損した模様。

ひとまず、これくらいでしょうか。

サスペンション関連は車体を固定しての脱着が必要になるので、その具体的な方法を検討しなくてはいけません。

また、フロントフォークのインナーロッド回り止め特殊工具も作る必要がありますね。

まだまだ先は長そうです。
[PR]

# by nossi_ck | 2015-06-21 01:56 | 整備・改造 | Comments(0)
2015年 06月 08日

スーパーシェルパの持病

シェルパの持病と呼ばれる特定の不具合やクセについて、話が分散しているのでまとめておきたいと思います。
継続して乗っている車両、中古車両の購入を検討している場合は、これらの項目をチェックするとイイと思います。

More
[PR]

# by nossi_ck | 2015-06-08 17:41 | 整備・改造 | Comments(8)
2015年 05月 07日

林道オフ

例の林道オフの写真です

More
[PR]

# by nossi_ck | 2015-05-07 08:52 | 2輪 | Comments(1)
2015年 04月 02日

速報:2000年以降のシェルパに乗っている人へ注意喚起

c0212385_0184865.jpg

2000年以降のスーパーシェルパに乗っている人へ注意喚起です。

エアクリボックスとキャブを接続しているエアダクトに、2次空気取り出し用の配管が生えていますが、今回の整備(4号車)でこの取り出し配管部分が破損している事例がありました。
ウチでは2000年以降のモデルを取り扱いするのが初回ですが、この部分は材質と構造的に同様のケースが考えられます。

この部分が破損していると、フィルタを通っていない空気がエンジンに供給されるので、砂塵の多い場所などを走る事でキャブレタの不調やバルブ・シリンダの損傷に繋がる可能性が考えられます。

場所的には分解せずに目視点検できる場所(車両右側から覗き込み可能)ですので、該当車種の方は一度点検される事を推奨します。

実装着状態で問題の箇所を覗き込むと、このような感じになるようです。
c0212385_17261374.jpg

写真提供:804さん(2006年式 2万km走行)

この記事がきっかけになって2次エアシステムの撤去をされたふうたろうさんが作業の流れをブログにアップされたのでリンクさせていただきたいと思います。

ふうたろうさんの『GO SUPER SHERPA GO


◆◇ブログ主からのお願い◇◆
もし、同じ不具合を発見された方がいましたら、コメント欄にてお知らせ頂けるとありがたいです。
他の閲覧者の方々と情報共有にもなると思います。
この際、年式、走行距離なども合わせて教えて頂けるとありがたいです。

[PR]

# by nossi_ck | 2015-04-02 00:18 | 整備・改造 | Comments(15)
2015年 02月 06日

シェルパ(3号車)のレストア

最近、シェルパ(1号車)もメンテナンスをする箇所がなくなってきて面白くなかったのですが、
ヤフオクで近所から要修理のシェルパが出品されていたので思わず落札w

入庫・メンテナンス(というかレストア)する事となりました。

More
[PR]

# by nossi_ck | 2015-02-06 19:19 | 整備・改造 | Comments(10)