2016年 05月 18日

シェルパのワンウェイクラッチ交換

以前にシェルパ1号車、2号車のワンウェイクラッチを交換した事がありました。

まだ憶えているうちに記事化しておこうと思います。



シェルパのワンウェイクラッチですが、そもそもワンウェイクラッチって何?という方もいると思うので簡単な解説を。

◆ワンウェイクラッチって何?
シェルパはご存じの通り、セルモータの動力をギヤでクランクに伝え回転させてエンジンを始動します。
このままだとエンジンが始動すると、エンジンの動力が逆にセルモータに伝わってしまいます。
そこで、ワンウェイクラッチの登場です。
ワンウェイクラッチは、リング状の形状をしていて、内周と外周で一定方向のみ力を伝えて、反対方向では空回りする仕組みになっています。
ですので、エンジンが始動していないセルモータだけが回転している時はクランク軸(内周)よりセルモータ側(外周)の回転が速いので力が伝わり、エンジンが始動してクランク軸(内周)の回転速度がセルモータ側(外周)より早くなることでワンウェイクラッチの回転方向が変わり、セルモータにはエンジンの動力が伝わらなくなります。

解説はこれくらいとして、最初にお断りしておきます。
この整備には
・多数の専用工具
・ある程度の整備技能
が必要になります。
もし、自信がないな・・・と思ったら、迷わずバイク屋に依頼しましょう。
その方が幸せになれます。

◆必要工具・用具
この作業を実施するにあたり必要になる標準工具以外の専用工具・特殊工具ですが
・フライホイールプーラ(代用工具あり。下で記載)
・フライホイールホルダ(ここで使っているのはストレートのユニバーサルプーリーホルダー)
・精度の高い6角レンチ(KTCとかのマトモなメーカーのもの)※必要サイズ忘れましたw
・トルクレンチ(10~50N・mくらいまでと、20~110N・mくらいの2種類あるのが望ましい)
・ガスケット除去用スクレパー等
・ロングスリーブの対辺8mmのソケットレンチ
・高強度ネジロック
・ラッカーシンナー等の溶剤(ネジロック除去用、無くても可かな)
・適当な鉄パイプ
・サービスマニュアル
が必要になります。

◆交換時期
ワンウェイクラッチの交換時期ですが、エンジン始動時に『ギギャー』とか『ガガッ!』などと少しでも、たまーにでも異音が出たら即交換時期です。
今までの経験上と情報収集の結果から、概ね3万km程度で不具合が発生するようです。
異音がする=どこかに異常摩擦や異常振動が加わって音が出ますので、放置すると本来交換の必要がない部品(カップリングギヤやカップリング)にまで被害が及びます。ですので、異音が出たら即交換!が基本になります。

◆必要部品
・ワンウェイクラッチ  クラツチ(ワンウエイ)  13194-1084  ¥5249
・トルクリミッターカバーガスケット  ガスケツト,キヤツプ  11060-1641  ¥432
・左カバー用ガスケット  ガスケツト,ゼネレ-タ カバ-  11060-1326  ¥886

◆交換手順
ここでは交換の手順のみです。締付トルク等はサービスマニュアルで確認しましょう。
0)エンジンオイルの抜き取り
1)スプロケットカバーの取り外し
2)スプロケット部配線押さえ金具の取り外し
3)ニュートラルスイッチからの配線切り離し
※1~3はやらなくても可能だと思いますが、やっておいた方が無難です。(個人の感想ですw

4)トルクリミッタカバー(セルモータから見て1つめのギヤが入っている部分)の取り外し、ガスケット処理

5)トルクリミッターの取り出し
トルクリミッターの両側にはワッシャーが1枚ずつ入っています。オイル等でカバーやケース側に
張り付いている事もありますので、よく確認して部品の紛失に注意します。
c0212385_16514889.jpg


6)エンジン左カバーの取り外し、ガスケット処理
ここまですると、フライホイール(写真の丸いやつ)が見えます。
c0212385_1653142.jpg


6.5)カップリングギヤの取り外し
フライホイールの右上にあるギヤを外します。
例によってワッシャが付いているのと、ギヤには方向性があるので注意します。
組み付けられている状態(ギヤの歯の形状に注目)を確認してメモしておきましょう。

7)フライホールホルダの組み付け
フライホイールホルダを組み付ける際、写真のようにフライホイール側面に付いているピックアップ用マグネット(薄べったいチップみたいなもの)を必ず避けて組み付ける必要があります。
c0212385_1991263.jpg

これを怠って作業をすると、フライホイールからマグネットが剥がれてしまいます。剥がれたら最後、エンジンは絶対にかかりません。
フライホイールホルダを組み付ける際には、フライホイール表面を脱脂してホルダーが滑らないようにした方が安全です。

8)フライホイール固定ボルトの取り外し
フライホイールを固定している中央のボルトを取り外します。
これが猛烈に強く締まっています(笑)
インパクトレンチが用意できるなら、絶対に用意するべきレベルです。
フライホイールホルダを押さえながらボルトを回すのは大変なので、40cm程度の鉄パイプなどで延長して地面等で固定してから作業をすると疲れなくて済みますw

9)フライホイールの取り外し
フライホイール固定ボルトを外したネジ穴にフライホイールプーラを入れてフライホイールを外します。
このプーラですが、残念な事に高価な上に用途がこれくらいしかありません。
そこで別のもので代用です。それは・・・・
KLX250のリアアクスルシャフト!!w
もちろん、設計的には工具として適正ではありませんが、
・ネジピッチが合う
・高強度の材料が使われている
という点でバッチリです。しかも安価(笑)
c0212385_16552484.jpg

(※ちなみにスバルやホンダ(4輪)用のドレインボルトM20/ピッチ1.5mmでも合うらしいです。が、ここでは大きいトルクをかけるので材料レベルで強度の高いアクスルシャフトを推奨)
理屈的にはフライホイール側にねじ込み締め上げる事で、ネジの奥にいるクランクシャフトを押してフライホイールを引きはがす、という事をやりますので機能としては満たしているはず。
このアクスルシャフトをフライホイール固定ボルトを外したネジ穴部分にねじ込みます。ネジ部にはスレッドコンパウンドかエンジンオイルを塗布しておくとネジのダメージを抑制できます。(スレッドコンパウンドを使った場合は、フライホイール取り外し後に除去します)
アクスルシャフトをねじ込み締め上げると『バキン!』という盛大な音と共にフライホイールが外れます。
フライホイールを外すと、シャフトに小さい溝(キー溝)があって、そこに小さい半月状の部品(キー)が入っています。これを紛失しないように注意します。
c0212385_16565123.jpg

なお、フライホイールホルダは付けたままにしておきます。
c0212385_16571524.jpg


10)ワンウェイクラッチの取り外し
フライホイールを引き抜くと、裏側に大きめのギヤが付いています。これはそのまま引き抜けます。
c0212385_16583074.jpg

次に6本のキャップボルトで止まっているリング(カップリング)を外しますが、これまた強く締まってる+ネジロックで固定されています。かなりの強い力で回すので、精度の高い6角レンチが必要になります。
c0212385_16591150.jpg

ボルトを外したら、ボルト側、ネジ穴側に残ったネジロック剤をラッカーシンナー等の溶剤で除去します。
これでワンウェイクラッチが取り出せます。この時、ワンウェイクラッチがどの方向に回転するのが正解なのか確認しておきましょう。(確かワンウェイにリムがあって1方向しか組めなかったような気はしましたが・・・)
c0212385_1992029.jpg

ちょっと分かりにくいですが、ダメになっているものは写真の右上のように中のコマがダラーンとしていたり、外したとたんにバラバラと取れてしまいます。

11)新品ワンウェイクラッチの組み付け
組み付け部分にゴミ等が付いてない事を確認して新品のワンウェイクラッチを組み付けます。
ワンウェイ組み付け時には接触面にエンジンオイルを塗布します。
リング(カップリング)を組み付け、ボルトに高強度ネジロックを塗布して規定のトルクで締め付けギヤを挿入します。
c0212385_1659378.jpg


12)フライホイールの組み付け
クランクシャフトとフライホイールにゴミ等が付いてない事を十分に確認(重要)してからキー溝にキーを付けてフライホイール側の溝と一致している状態で組み付けます。キーの出っ張りは小さいので十分に注意します。
この際、シャフトの接触部分にエンジンオイルを塗布します。
フライホイールをシャフトに付けたらキーが正確に組み付けられているか、少し回転させて確認します。位置が合ってないと、フライホイールが簡単に外れてしまうはずです。

13)フライホイール固定ボルトの締め付け
フライホイールホルダを固定(ステップ側に引っかけてもOK)して、固定ボルトを組み付けて規定トルクで締め付けます。
この際、固定ボルトのネジ部にエンジンオイルを塗布します。
か~な~り強い力で締め付けますので、頑張って締めましょう(笑)
c0212385_1703856.jpg

規定トルクに到達したら、この作業は終わったも同然です。

13.5)カップリングギヤの組み付け
ワッシャを忘れないように注意してカップリングギヤを組み付けます。
ギヤには方向性があるので注意します。
また、ワッシャの組み忘れにも注意しましょう。

14)エンジン左カバーの組み付け
新品のガスケット両面にエンジンオイルを塗布(次回脱着時にガスケットが外れやすくなるおまじない)してエンジンカバーを組み付け均等に対角線上?のボルトを順番に締め付けます。

15)トルクリミッタの組み付け
外した時のワッシャを忘れないように注意し、トルクリミッタに隠れる位置のボルトを締め忘れないように注意して組み付けます。

16)トルクリミッタカバーの組み付け
これもガスケット両面にエンジンオイルを塗布してから組み付けます。

17)配線の復元とスプロケカバーの組み付け
元通り組み付けます。

18)エンジンオイルの給油
既定値通りのエンジンオイルを入れましょう。

これでワンウェイクラッチの交換は完了です!

2016-05:写真追加
[PR]

by nossi_ck | 2016-05-18 20:45 | 整備・改造 | Comments(0)


<< KDX220SR整備上がり      KDX220のKIPSお掃除 >>