2015年 04月 02日

速報:2000年以降のシェルパに乗っている人へ注意喚起

c0212385_0184865.jpg

2000年以降のスーパーシェルパに乗っている人へ注意喚起です。

エアクリボックスとキャブを接続しているエアダクトに、2次空気取り出し用の配管が生えていますが、今回の整備(4号車)でこの取り出し配管部分が破損している事例がありました。
ウチでは2000年以降のモデルを取り扱いするのが初回ですが、この部分は材質と構造的に同様のケースが考えられます。

この部分が破損していると、フィルタを通っていない空気がエンジンに供給されるので、砂塵の多い場所などを走る事でキャブレタの不調やバルブ・シリンダの損傷に繋がる可能性が考えられます。

場所的には分解せずに目視点検できる場所(車両右側から覗き込み可能)ですので、該当車種の方は一度点検される事を推奨します。

実装着状態で問題の箇所を覗き込むと、このような感じになるようです。
c0212385_17261374.jpg

写真提供:804さん(2006年式 2万km走行)

この記事がきっかけになって2次エアシステムの撤去をされたふうたろうさんが作業の流れをブログにアップされたのでリンクさせていただきたいと思います。

ふうたろうさんの『GO SUPER SHERPA GO


◆◇ブログ主からのお願い◇◆
もし、同じ不具合を発見された方がいましたら、コメント欄にてお知らせ頂けるとありがたいです。
他の閲覧者の方々と情報共有にもなると思います。
この際、年式、走行距離なども合わせて教えて頂けるとありがたいです。

[PR]

by nossi_ck | 2015-04-02 00:18 | 整備・改造 | Comments(15)
Commented by 朝日 at 2015-04-14 12:08 x
え~と この部品
カワサキのパーツリストでは、年式を問わず
ダクト・エアフィルター 14073-1779
となっています
私のダクトを見てみましたが、メクラ蓋があるようでもないし・・
カワサキらしいパーツリストのミスでしょうね
Commented by nossi_ck at 2015-04-22 06:59
> 朝日さん
本件の対象年式が2000年以降で14073-1779の部品ですが、1997~1998年までのG1,H1,H2形式だと14073-1689の部品に変わりますよ。

97,98年式用には、この取り出し口そのものが存在しないです。
Commented by 朝日 at 2015-04-23 12:44 x
どーも
kawasakiオンライン見積もりのイラストが、同じなので勘違いしていました
私のH2は中古で購入したのですが、その当時のパーツカタログには
(H1/H1A/H2)
14073-1709 ダクト、エアアウトレット
となっています
ところで、ドライブスプロケットシャフトのスリーブの引き抜きについて
ギアプーラーなんんて持っていないので、オイルシールごとバイスでくわえて抜きました
歪んだりしないか心配です
Commented by nossi_ck at 2015-04-23 16:58
>朝日さん
私もちゃんとしたギヤプーラは持っていませんw
オイルシールを外す記事に出てくる自家製シールプーラの爪を逆向きにしたら丁度良かった感じですね。
あのスリーブはガッツリ入っている感じで、なかなか抜きにくいですよね。
まぁ、Oリングが効いてる証拠なんですが・・・。
Commented by 07シェルパ at 2015-06-21 11:20 x
いつも拝見させて頂いています。
詳細情報、ありがとうございます。
07年シェルパ4千キロ、エアダクト亀裂が入っていました。
経年変化と構造上の問題とは思いますが、最終年式でも対策部品変更にはなっていなかったんでしょうね、
レスポンスの維持の為、近々取り換えたいと思います。
同様にヘッドからのオイル漏れも対策出来なかったんでしょう。
ありがとうございました。


Commented by nossi_ck at 2015-06-22 09:27
> 07シェルパさん
情報を寄せて頂きありがとうございます。
やはり他の個体でも同じ不具合が出ていましたか。
4千kmで不具合が出たという事は、他の個体でも軒並み不具合が出ている予感がしますね。
ヘッドカバーガスケット部のオイル滲みですが、ヘッドカバーを固定するボルトとワッシャ(というかワッシャ兼ガスケット)は一度更新されているので、対策部品なのだと思います。対策として有効になっているかは別として・・・。
Commented by 98シェルパ at 2015-08-04 11:35 x
いつも拝見させてい貰い参考にさせて頂いています。

この件とは違いますが、質問させて下さい。
カムチェーンテンショナーをばらしたところ
スプリングが2本出ていました。
一本は、カムチェーンテンショナーを押さえていました。
2本目は、筒状の中のベアリングを押さえていました。
パーツカタログを見比べても2本目のスプリングは、
見当たりませんでした。必要な部品なのでしょうか?
また、筒状の中のベアリングの目的も理解できません。

お忙しいと思いますが、お力添えお願い致します。
Commented by nossi_ck at 2015-08-04 20:04
> 98シェルパさん
初めまして。絶賛更新サボり中の管理人です。
カムチェーンテンショナーのスプリングですが、ウチの97年式もちゃんと2本入っていますw
98年式のモデルでも2本入っているのを確認しております。
確かに、どのパーツカタログを見ても、この部品は出てきません。

スプリングとベアリングの目的を構造から推測すると、テンショナー部のベアリングをエンジン側に押さえつけて、ベアリングが傾いたりする事を防止する為のものではないかと思われます。
ベアリングの目的ですが、テンショナーのプッシュロッドは摺動構造になっていますので、プッシュロッドがスムーズに動きつつガタツキが最小限になるよう後ろ側の支持をベアリングにしているのだと考えられます。
この後ろ側の支持をスリーブ状の部品で構成した場合は、スムーズに動かすためにある程度のクリアランスを確保する必要があって、プッシュロッドのガタツキが出る事が考えられます。
カムチェーン側はかなり高速回転をしますので、その振動によってクリアランスが拡大して不具合の原因になる事が想定されますので、このような機構にしているものだと考えられます。
※個人の感想ですw

しかしこの謎スプリング、自車整備の時はあまり気にしていませんでしたが、確かに気になりますね。
少し調べてみると、ZXR250等の他の車種ではちゃんと外側のスプリングも記載されていました。
この件については川崎重工に問い合わせて部品番号を含めて記事化したいと思います。
Commented by ふうたろう at 2016-08-21 23:59 x
こんばんは、有益な情報ありがとうございます。まさか「うちの子に限って」とチェックしてなかったのですが、先日他の整備をしたときにふとのぞいてみたら割れてました!ええ、割れてました(涙目)ちなみに2006年式91000キロです。いったいいつから割れてたのか・・・同じ物買ってもどうせまた劣化して割れるのは目に見えているので前期型を発注し、二次空気供給装置取っ払うことにしました。なので燃料コックから出てる負圧ホースも三つ又なしの前期型用を発注してみました。ただいま部品待ち。さてどうなることやら。質問なのですがアクセルワイヤーの戻し側はとっても大丈夫なのでしょうか?
Commented by nossi_ck at 2016-08-22 09:08
> ふうたろうさん
初めまして、管理人です。
2次エア配管ですが、排気ポートから来る奴を上手く塞ぐ事も処理が必要になるのではないかと思います。ヘッド上の配管は残してシリンダ後側で処理するのが防水対策的にもよろしいかと思います。
アクセルワイヤの戻し側ですが、バタフライバルブが不具合等で閉じなくなった場合の強制閉鎖用ですから、それほど重要性は高くないと思いますが、メーカーがコストを掛けて組み付けている、という観点から特に問題がなければ残した方が良いかも知れません。
Commented by ふうたろう at 2016-08-22 10:31 x
管理人様、早速のご返答ありがとうございます。シリンダ排気側へつながる配管のメクラですが、私のバイクのエンジンシリンダが前期型なのです。腰上オーバーホールして売り出されてた中古車を買ったのですが、多分その時に程度の良い前期型の部品取り車のでも使ったのではないかと・・・詳細は聞いてないので不明。しばらくしてヘッドカバー上部をはしってるはずの配管が無いことに気付きました。バイクは絶好調なので、?ぐらいにしか思ってなかったのですが、今回の件でヘッド上部の配管へつながるホースはいったいどこへ行ってるのか見てみました。そしたらボルトでメクラ栓してました(笑)もうこの時点でこれ付いてる意味ないでしょうと。なのでシリンダ排気側のメクラ栓は必要なしです。アクセルワイヤおっしゃるとおり残すことにします。あとひとつ質問なのですが、今回の部品発注の際ついでにセロー用のプランジャスタータも発注しました。聞くところによると先っぽの針の形状が違うようですが、それによって実用上何か違いは出るのでしょうか?長文失礼しました。

Commented by nossi_ck at 2016-08-22 17:24
> ふうたろうさん
なるほど、前期型のエンジンなんですね。だとしたら、マフラーも前期型に交換してあるかも!?
マフラー側面の刻印番号がK368なら前期型のマフラー、K407なら後期型のマフラーです。
少なくとも前期型のエンジンが乗っているのであれば、不要な配管は取ってしまう方がトラブルの原因が減るので良いと思います。
セロー用チョークプランジャですが、部品番号2LN-14171-00だとすれば同一形状です。先端形状が違うのは別の年式やKLX用ですね。先端の針のような部分がないものがあります。この違いによる変化は私も専門家でないので何とも・・・。ただ、ミクニの設計意図があって形状を決めているのでしょうから、何かしらの違いはあるはずです。
ちなみに配管の行き先が無くなるキャブ近くにある2次エア用のダイヤフラムの箱がプランジャ操作するのに邪魔になるはずなので、これも取ってしまうと良いと思います。これを外すと、アイドリング調整用のワイヤが中ぶらになるので、前期型用のスプロケカバー(ワイヤの受け部分が津一体成形で生えてる)をヤフオクなどで調達すると良いと思います。
Commented by ふうたろう at 2016-09-01 19:09 x
返信遅れてすみません、マフラー確認してみましたが後期型でした(泣)残念。あと本日ようやく部品交換及び二次空気供給装置撤去しました。ここでは書ききれないのでブログ作って記事にしてみました。もしよかったら見てください。それにしてもキャブレタ外すのがあんなに大変だとは思わなかったです。
Commented by nossi_ck at 2016-09-05 10:27
> ふうたろうさん
作業お疲れ様でした。これで一安心ですね。
キャブレタ、外すの大変ですよねw
配管をメクラするのに使う部品が謎なんですよね。どういう部品を使っているのだろうか・・・。
Commented by nossi_ck at 2016-09-05 10:27
> ふうたろうさん
作業お疲れ様でした。これで一安心ですね。
キャブレタ、外すの大変ですよねw
折角なので、こちらから記事にリンクさせていただきますね!
しかし配管をメクラするのに使う部品が謎なんですよね。どういう部品を使っているのだろうか・・・。


<< 林道オフ      シェルパ(3号車)のレストア >>