スーパーシェルパと怪しい仲間達

nossi.exblog.jp
ブログトップ
2013年 12月 26日

KX80用フロントブレーキパッド

シェルパのフロントブレーキの初期制動力を強化する変更として、KX80用のブレーキパッドに変更するという方法があります。これは、KX80が同じ形状のキャリパを使っているので、一切の改造などなく組み付ける事ができる訳です。

このブレーキパッド、確かに制動力が上がります。このパッドに交換しただけで、ブレーキの不安感が無くなって快適なラインディングができるようになります。

ただ、このブレーキパッドについての詳細なレポは誰もアップしておらず、ネット上には『シェルパのブレーキが飛躍的に改善するパッド』として情報が出回っているだけです。

なので、これを実際にウチで運用している車両に導入して実測してみました。



まず結論から申し上げましょう。

このパッド、非常にライフが短いです。(約3000km)
おまけにディスクローターの消耗(ディスクローターへの攻撃性)が大きいようです。

なので、万人向けではありません。車体管理をしっかりやっている人向けですね。
まぁ、そもそもモトクロッサ用の部品なので、当たり前といえば当たり前なのですが・・・w



と、これだけ書いても説得力がまるでないので、測定条件とか実測データを残します。


・測定条件
車両:スーパーシェルパ97年式ノーマル
走行条件:首都圏都市部の通勤、片道8km(信号多数)、通勤時の平均燃費20km/L
通勤時期:通年
ディスクローター新品交換日:2009年03月
交換時の走行距離:約50000km
ディスクローターのオリジナル厚:3.43mm

(1)標準パッド => KXパッド導入時

測定日:2013年03月19 日
走行距離:70100km (2万km走行)

ディスクローター厚(マイクロメータで測定)
外側:3.30mm (-0.13)
中間:3.27mm (-0.16)
内側:3.29mm (-0.14)

消耗平均値:0.143mm

標準パッドのディスクローター消耗量
0.143mm / 20 (千km) = 0.00715mm/1000km


(2)KXパッド 残量1mm時

測定日:2013年12月26日
走行距離:73300km (3200km走行)

ディスクローター厚(マイクロメータで測定)
外側:3.16mm (-0.14)
中間:3.10mm (-0.17)
内側:3.15mm (-0.14)

消耗平均値:0.15mm

KXパッドのディスクローター消耗量
0.15mm / 3.2(千km) = 0.0469mm/1000km


上記の条件で使用した結果、KXパッドのライフは3000km程度、ディスクローターの消耗は標準パッドの
6.56倍あるようです。
標準パッドのライフは距離が明確になったログが無いので不明です。


なお、都市部で信号が多い+乗り手の問題(笑)で加減速が非常に多いので、これより消耗量が多くなる
事はないと思われます(笑)
参考までにですが、8km以内の範囲で信号による停車(信号の数ではなく、赤で停車する箇所)が11~15カ所ほどあります。

まもなく標準パッドのデータが取れるので、標準パッドとKX80パッドの比較をして、用途に合わせて
選択していただければと思います。


さて、一部で『んな事はない!ウチじゃこれだけパッドが持ったぞ』というのを見たことがありますが、信号などの減速要素が少ないエリアでの運用や、加減速を大きく行わない乗り方なら、見かけ上のライフは伸びます。
が、根本的にパッド・ディスクローターの消耗量は『乗員を含めた車両を減速させた運動エネルギーの総量=消耗量』ですので、運用上の距離が伸びたところで標準パッドに対しての減りが早いのは一緒ですw
特にパッドの消耗に対してディスクロータの消耗が大きい、というのは結構な問題で、それだけディスクロータの交換サイクルが早くなります。

で、なんでこんな事をうるさく書くのか、という事ですが、
これを車体の管理に興味がない人・知識がない人が聞きかじった知識で『ブレーキ強化だ!よく止まる!サイコー!』と多用したとしましょう。ディスクロータの異常消耗に気がつかず乗り続けた場合、ディスクロータが破損して前ブレーキが効かない!or前輪ロック!なんて事は十分にあり得ます。
そうなれば運が良くて怪我、最悪死亡事故になるのは明白です。
少なくともココを読んでくれた人には、ウチで中途半端な記事を書き飛ばしてそれを参考にしたばかりにそういう目に遭って欲しくないのでうるさく追記させてもらいましたw
[PR]

by nossi_ck | 2013-12-26 18:16 | 整備・改造 | Comments(0)


<< シェルパ(3号車)のレストア      2号車にPWKキャブ導入 >>